自動車機器事業

Automotive Electronics Automotive Electronics

Coil the world ※当社の元スローガンを自動車機器事業のスローガンに移行しました。
お客様の安全・安心・感動を、我が社の『信頼』と共に

大衆車を中心にスーパーカーからトラクターまで点火する

厳しい品質が求められる自動車産業では、高度な安全性、排気ガス・燃費の低減、
燃料電池の開発に加え、CASE※時代への対応など、技術革新が急速に進んでおり、
開発スピードアップとアイデアが不可欠です。
私たちはこれまで蓄積してきた多彩なノウハウと優秀な技術者たちの発想により、
次世代に活きる製品開発に着手し、新たな可能性を創り出すために果敢な挑戦を続けています。

※:CASE:Connected、Autonomous、Shered&Service、Electricなど、次世代自動車技術とサービスを指す言葉

自動車産業における揺るぎない信頼と新しい提案

点火コイルシェア世界一に向けて

自動車の電動化加速に伴い内燃機関においても、車両ニーズに対応した様々な技術が進化すると考えられます。内燃機関における課題は、更なる熱効率向上であり、その一例として1/1000秒レベルで放電を制御、複数回火花放電を可能にした「マルチ点火コイル」を実現し量産化しました。将来に向け、点火をシステムで考え高機能かつ最先端点火コイルの開発を立ち止まることなく進め、様々な燃焼コンセプトに対し最適な製品を提供いたします。

様々な内燃機関の技術ニーズに対応するため、点火による火炎成長を最大限に発揮する、アクティブな点火を将来に向け開発しています。

拡大するEV/PHEV市場に向けた新技術への挑戦

当社は自動車の電動化の黎明期からその中核となる電力変換技術の研究開発、製品化に取り組んで参りました。代表的な製品は、車載充電器やDCDCコンバータ、インバータであり、小型軽量、高効率を車載品質で作りこむことで自動車の電動化を支えてまいりました。これら車載電力変換技術にパワーコンディショナ・蓄電システムで培った系統連系技術を組み合わせ、電気自動車の蓄電池から商用電力系統に充放電する、V2G (Vehicle-to-Grid)の開発を推進しております。
V2Gは商用電力系統の安定化に寄与する、次世代の技術です。これらの取り組みを通じて、電気自動車や再生エネルギーのさらなる拡大普及に貢献いたします。

HOME > 事業三本槍 > 自動車機器事業