コーポレートガバナンス

体制

方針・報告書

基本的な考え方
当社は、創業の精神の「社是」ならびにお客様第一を標榜する「経営理念」のもと、コーポレート・ガバナンスの充実に取り組むことにより、品質•コスト・納期において、お客様の発展に寄与し、信頼を獲得することを通じて、株主をはじめとする仕入先、地域社会、社員等、すべてのステークホルダーとの良好な関係を構築することにあります。
当社では、これを実現するためにはコーポレート・ガバナンスの実効性の確保が不可欠との認識を共有しており、グループ各社が展開する事業や社員のあるべき姿の指針となる経営計画に則して、グループ会社の管理方針や管理体制などを明示したグループ経営要綱及びグループのすべての役員、社員が遵守すべきグループ規定類を定め、グループ内のガバナンスを強化しております。

コーポレート・ガバナンス報告書(2021年6月22日)

コンプライアンス

当社は、一人一人の行動規範として、下記項目について法律と倫理規範に従うための指針を取り決めています。

1.コンプライアンス

  • 意義と重要性
  • 報告と相談

2.公正な取引

  • 不公正な取引の禁止報告と相談
  • 他社製品・技術の不正流用禁止
  • 贈収賄、接待、贈物
  • 情報セキュリティ
  • 利益相反
  • インサイダー取引

3.国際取引

  • 輸出・輸入・仲介取引
  • 米国再輸出規制
  • コンフリクト・ミネラル

4.職場

  • 雇用、労働環境
  • 品質の追求
  • 経営資源の保護

5.CSR

  • 環境への取組
  • 地域貢献
  • 社外団体とのかかわり
HOME > 持続可能性 > コーポレートガバナンス