ニュース

お知らせ

グローバルコミットメントライン契約締結について

田淵電機株式会社(本社:大阪市淀川区、代表取締役社長:貝方士利浩)は、株式会社みずほ銀行をアレンジャーとする邦銀4行(株式会社みずほ銀行、株式会社三井住友銀行、株式会社りそな銀行、三井住友信託銀行株式会社)による銀行シンジケート団との間で、当社と海外グループ3社を対象とした総額40億円のグローバルコミットメントライン(協調融資枠)契約を締結しましたので、お知らせいたします。今回のグローバルコミットメントライン契約は、日本国内だけでなく海外現地法人による現地通貨での借入実行を前提とした協調融資枠で、日本企業では数少ない事例であります。

このたび設定したグローバルコミットメントラインは、中期経営計画「MBP20」の前半3年間(2015~17年度)における運転資金の確保を目的としています。融資枠設定の対象は、当該時期に特に資金投入を必要とする、①田淵電機株式会社(本社)、②香港田淵電機有限公司、③タイ国田淵電機(Thai Tabuchi Electric Co., Ltd. )、④米国田淵電機(Tabuchi Electric Company of America, Ltd. )、の4社とし、融資枠は合計で40億円、契約期間は3年です。


今回の契約調印により、当社の成長戦略の実行に備えた円滑で機動的な資金調達が可能になります。当社グループは、今回のグローバルコミットメントライン設定を、世界規模での持続的な事業展開の推進に向けた財務体質強化の一環と位置づけ、今後も引き続き安定した事業運営に努めてまいります。

HOME > グローバルコミットメントライン契約締結について