ニュースリリース

ダイヤHD【お知らせ】ダイヤモンドエレクトリックグループの感染症対策取組みについて

 当社グループでは、昨年来の「新型コロナウィルス」感染症拡大に対し、社員、家族の健康、並びに「お客様第一主義」方針のもとに品質と納期を守り安定的に製品を供給すべく、各種の対策に取り組んでまいりました。
 今般の医療の逼迫状況、及びふたたびの緊急事態宣言に備えて、「在宅勤務」等の感染拡大予防対策を改めて強化いたします。

1.「在宅勤務」の徹底
 お客様対応などの必要に応じて幹部が当番方式にて出社する一方、それ以外の働く仲間達には「在宅勤務」を徹底いたします。出社する場合も、公共交通機関の利用回避、時差出勤など、最大限に感染回避の措置を講じます。

2.工場における対策
 鳥取、新潟、栃木に存する当社グループの工場では次の対策を徹底し、操業の安定継続に務めます。
①工場出張時の事前連絡
  関西圏・首都圏と工場との往来は原則禁止していますが、やむを得ず工場へ出張する際は、
  入場時に検温及び体調チェックを徹底します。
②出張中の業務実施場所の限定
  出張者が製造工程へ立ち入ることは必要最小限とし、事前に充分な感染防止対策(手洗い、
  マスクの着用)を講じたうえで実施します。また、出張先での行動範囲を最小限にします。
③工場内動線の隔離
  来客・出張者・製造工程・間接部門スタッフなどの毎に行動動線を隔離し、相互の接触を
  最小限にすることを徹底します。

3.体調の自己管理、私用を含めた節度ある行動の徹底
 出社前に検温(自身の平熱を把握しておく)などの体調確認を励行し、普段と異なる体調のときは出社を見合わせること、及び三密回避、マスク常時着用、多人数飲食自粛などの対策を徹底します。

ダイヤモンドエレクトリックホールディングス株式会社
常務執行役員CAO
空本 豊